沿革

昭和26年5月 横浜市鶴見区市場にて前田製作所を創業
昭和34年9月 東京都大田区蒲田に移転
昭和38年2月 大和市深見東(当地)に新築移転および機械増設
昭和40年6月 有限会社前田製作所に改組、資本金300万円
昭和45年6月 工業用クロムメッキ工場を新設
昭和45年9月 大和市深見東に第二工場を建設。製缶、組立工場を新設し、 機械加工、メッキ、製缶及び組立までの一貫生産体制を計り生産量を拡大する。
昭和45年10月 業績進展に伴い資本金を500万円に増資
機械設備の大型化を計り、大型機械部品の加工および各種装置・油圧シリンダの設計製作を行う。
昭和55年9月 業績進展に伴い1,000万円に増資
同時に会社名を(株)マエダに変更
昭和59年7月 市場ニーズにこたえマシニングセンター、CNC旋盤の導入により精密加工化と省力化設備の増強
平成2年7月 2,000万円に増資と共にメカトロ一体の装置受注拡大を計る。
平成4年 土木関連機器の開発   PCロボット・セグメントキャリッヂ(PAT)・
自走式登坂台車・ヒューム管結合機
平成5年 建設現場関連機器の開発 開口デッキ
平成6年 食品関連機器の開発
フィルター自動洗浄ロボット
平成8年 建設現場関連機器の開発
自動鉄骨建入れシステム
平成10年4月 「透過型磁気センサ式非破壊検査装置の開発」を中小企業総合事業団より業務委託を受け、 "金属疲労損傷度識別装置"の開発に着手。
横浜国立大学・産業技術総合研究所・各学識経験者による開発設置委員会メンバーの参加をいただき、 金属疲労を簡便に識別出来るシステムの開発に成功。
平成13年1月 「透過型磁気センサ式非破壊検査装置」公開説明会を実施。
"金属疲労損傷度識別装置"を販売開始。
平成14年4月1日 中小企業の創造的事業活動の認定を受ける。 テーマ『転動疲労評価診断システムによる予知保全装置の開発試作』
平成15年7月7日 ISO9001:2000認証取得
平成16年8月12日 経営指針書発表
平成20年1月23日 平成19年度神奈川県優良工場受賞
平成23年12月 日本飛行機㈱殿向55tonジャッキ負荷試験装置製作及び設置


ページトップへ